あくまで個人の見解です。

 
恋人同士と思われる男女について。

駅などで、しばしば男性が女性をなだめている場面に遭遇することはあるが、女性が男性をなだめている場面に遭遇することは滅多にない。その理由は、男性が女性の気持ちを汲み取らずに、自己中心的な行動をすることにより、どこかのタイミングで女性が男性に対して不満をぶつけるという事態に陥りがちであるから。また、 男性が不満をもっている場合には、その女性にぶつけることをせず、別の方法で解消しようとするから。

 

白と黒について。

白いiPhoneと黒いiPhoneかあったとき、どちらを選ぶかで分類ができる。精神的に成熟している人は白を選びがちで、まだ幼さがある人は黒を選びがち。成熟している人は、自らを少し汚れたものとして認識し、純粋なイメージの白を身につけたがる。逆に幼さがある人は、虚栄心から、悪さや強さをイメージする黒を身につけたがる。

 

ショートカットについて。

体育会系のショートカットの女性は、自分が行っている競技や利便性を考えて髪を短くしているが、文科系のショートカットの人は女らしくあることに違和感を感じていて、好みのタイプは男らしい人よりも、線の細い美男子。その結果、ビジュアル系バンド、または少年マンガから派生したBLもの、もしくはその両方を好むオタク気質な女性になる。

 

可愛い女の子1人とそうでもない女の子2人で構成された女子3人組について。

そのときの3人の立ち位置に注目してみる。可愛い子が専らセンターに立っている場合、その女の子はあとの2人よりも容姿が優れていることを対外的にアピールしている。可愛い子が端に立っている場合は、あとの2人よりも容姿が優れているという自惚れもなく、性格もいい。もしくは、そう思われるところまでを計算しつくした優秀なオンナ。

 

自分について。

初めての場所、初めての人、初めての食べ物など、初めての経験に対しての抵抗力が極めて低く、おなかを壊しがち。